FANDOM


《大剣》
漆黒のヒュペリオン
Hyperion
情報
表題 “漆黒”
Male (symbol)
忠義 クロノス
所属 ティターン神族
楚真
家族
ウラノス (父)
ガイア (母)
ティア (妻と妹)
ティターン神族 (兄と妹)
必殺技
漆黒旋風
死剣旋風
太陽旋風
太陽紅炎
紅炎大剣
無限紅炎
ヒュペリオン(ラテン文字:Hyperion)は最初に蘇ったティターンの一柱。大剣の楚真を纏う。ティアの夫。ウラノスの兄弟であるポントスの助力には感謝しつつも、彼の真意に疑念も感じている。聖域へ侵攻した際アイオリアの捨て身の一撃で楚真の一部を破壊され撤退するも、獅子座の聖衣を修復が必要なまでに損傷させた。基本的に冷静な物腰だが、親友のコイオスの危機に際しては感情を露わにした。2度目の対峙では仮面をつけて現れ、自らの二倍程の長さに具現化した大剣の一撃でアイオリアを圧倒する。

コイオスの最後の小宇宙を感じ取った時、ティターンに記憶の剥奪があったことを知りムネモシュネに迫り記憶の一部を返却させた。その時現れたポントスの幻影からかつての己を知らされ計画に乗るよう命じられるがそれを拒否、神を信じる民や想いを分かつ同胞・守るべき未来のために戦うことを宣言し、アイオリアの元に現れる。冥府よりもさらに黒い漆黒の太陽を守護惑星とする。触れるもの全てを消滅させる超高温度の風・太陽旋風や蛇の形をした紅蓮の炎・太陽紅炎で大地を溶かし溶岩とする。その炎はカミュの凍気を以ってしても完全に凍らせることは出来ないほど。また、大剣での斬撃はアイオリアの雷光を二つに両断するほどであり、クレイオスの太刀筋とは違い重く硬い。守護惑星・漆黒の太陽を破壊し、その紅炎を背にした状態が全力を出す姿勢である。光速の動きを持ち、紅炎の光の刺激で敵の網膜に残像を映し出すことも出来る。コイオスを破った光子破裂を、無限の炎と永遠の再生能力を持つ自身最強の技・無限紅炎で打ち合いアイオリアの右腕を破壊した。しかし、コイオスから託された「究極の力」を防御壁にし光子破裂の光子を左腕に集約した一撃を胸に受け致命傷を受ける。傷を治すため深手を負った胸部に無限再生能力を持つウロボロスを当てるも、アイオリアの右腕がウロボロスを捉えそれにより快復した右腕から放たれる雷光電撃を受け敗れる。その際、自身の霊血から出でたポントスの幻影が自らの肉体を操り奪おうとするも、意識が戻り自らが死ぬことによって霊血に混じるポントスの神力を取り除き、アイオリアと最後の打ち合いをするも雷光電撃を受け、クロノスとティターンの民の未来を護ることをアイオリアに託し散った。

ヒュペリオンが司っていたのは太陽であり彼は太陽神であった。しかし、神々ノ戦後、その地位は剥奪されヒュペリオンはエジプトの地の底で眠る神・アポフィスの中に封じられた。ポントスが復活した際、アポフィスは霊血を欲しポントスの元へ誘われたが、アイオロスが放つ黄金の矢により射抜かれる。消滅しかけた所をポントスが自らの神力と霊血により十年ほどの歳月を経て再生させ「漆黒のヒュペリオン」として復活した。そのため他のティターンより色濃くポントスの霊血が流れている。