FANDOM


青銅聖衣

青銅聖闘士が身に纏う防具。零下150度以下で凍結する。永久氷壁で生まれた氷の聖衣と言われるキグナスの聖衣も例外ではない[1]

最下級の聖衣であるにもかかわらず、鳳凰星座の自己修復能力のように黄金聖衣にもない特別な能力を持つものが多い。原作では述べられていないが、設定によれば、上位の聖闘士の補助という青銅聖闘士の位置づけに起因するといわれる。また色も、白銀聖衣や黄金聖衣がそれぞれ銀色(原作)、金色で統一されているのとは異なり、天馬座や白鳥座は白、龍座は緑、アンドロメダ座は薄紅色など、聖衣によって個体差がある。

冥界編において主要メンバーの聖衣は神聖衣に変化するが、天界編においては神聖衣になったはずの最終青銅聖衣は元の姿で現れる。なお、天界編において星矢ら5人はマスクを装着していないが、冥界で紛失したわけではないとのこと。

脚注 編集

  1. 単行本11巻、142頁。